「いざ」というときの備蓄水としても

「いざ」というときの備蓄水としてもイメージ

「万が一」に備えた飲料水の確保

2011年3月11日に発生した、東日本大震災後、被災地の復興は少しずつ進んできてはいますが、今なお不便な生活を余儀なくされている方も多いことは、みなさんもご存知かと思われます。今回の大震災により被災された多くの方が、地震の発生直後から困ったことの一つとして、飲料水を確保するという問題がありました。震災によって水道網が寸断されて、多くの方が飲料水確保の問題に直面しました。

1人1日あたり3ℓ×3日分が必要

一般的に、人間が生命活動をするために、1人あたり1日に3リットルの水が必要といわれています。また大規模の震災が発生した時に断水状態になった場合は、約3日間は応急給水が始まるまでかかるといわれています。つまり、こういった災害時には1人あたり1日3リットル×3日分=9リットルの飲料水が必要になります。4人家族の場合だと、9リットル×4人分=36リットルになります。天然水ボトルをちょうど3本用意しておけば、突然の災害時にも備蓄水として使用することができます。

「4人家族の場合」一人あたり3リットル×3日間×4人=36リットル(オアシスの天然水ボトル3本分)

備蓄水にも最適な、オアシスの天然水

天然水段ボールイメージ

災害が発生した際に備蓄用に水道の水を保管されている方も多くいらっしゃいますが、その場合、水をこまめに取り替える必要があります。オアシスウォーターの天然水なら常時新鮮な天然水を備蓄することができます。さらにダンボールに入れたまま積み上げることができますので、保管場所が最小限ですみます。

【ウォーターサーバ レンタル無料】4つの選べる天然水

今すぐ申し込む!!

このページの先頭へ